忍者ブログ

発達障害の症状と特徴

発達障害の症状や特徴について解説しています。対処の仕方などの参考にしてください。
HOME  >    >  [PR]  >  発達障害関連記事  >  発達障害の二次障害について
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発達障害の二次障害について 

発達障害の方は二次障害を抱えている可能性が多くあるようです。

二次障害とは、発達障害そのものの症状とは別に、発達障害が原因で派生した障害と言うものです。

発達障害の人は、特に幼少期にうまく周りとコミュニケーションがとれなかったり、過度のこだわりがあって周囲の人に煙たがられたり、中にはいじめを受けたり、親に虐待をされたりといったケースもあります。

そのような幼児環境の下で育った場合は、当然ながら何らかの二次障害をもっていても不思議ではないはずです。

特に、うつ病や解離障害、パニック発作、適応障害などの症状を持っていることもあるでしょう。

発達障害でもうつ病として、精神障害者手帳を持っている人もいますので、精神科領域の疾患として利用できることも中には可能です。

しかし、発達障害のある人のうつの症状と、発達障害のない人のうつ病では多少の症状は異なります。

しかしながら、二次障害は実際にあるわけですが、このような症状にたして抗うつ薬などを処方しても実際にはあまり効果はないと思われます。

やはり、発達障害の二次障害を防ぐためには、少しずつ幼少期から周りが認めてあげたり、周囲の協力が必要であると言えると思われます。

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:

スポンサードリンク

最新CM

ブログ内検索

Copyright © 発達障害の症状と特徴 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]