忍者ブログ

発達障害の症状と特徴

発達障害の症状や特徴について解説しています。対処の仕方などの参考にしてください。
HOME  >    >  [PR]  >  学習障害  >  学習障害の定義と特徴について
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学習障害の定義と特徴について 

学習障害は、発達障害の中でも特異的て部分的な機能だけが問題とされる障害です。学習面での障害ということですから、聞く、話す、書く、計算する、読むなどのどれかがができないということです。

学習障害の特徴としては、まずこれらの学習機能のうち、限定的にできない部分があり、さらに知的水準は低いわけではないというのが学習障害の特徴になります。

学習障害の有病率は、5%~10%であり、男女比で言うと3~5対1の割合で、男性が多いとされています。

学習障害の原因としては、まだ原因がはっきりしていないようです。よく言われるのが、脳の中枢神経に何らかの機能障害があるのではないかと言われている程度です。

だからといって、視覚の障害があったり、聴覚や、知的の障害を見ても直接的な原因ではないようです。ましてや、子育てが理由になることもなく、環境的な要素は考えれらない状況です。

学習障害も発達障害の中に位置づけられますが、情緒や対人関係においては問題なく、ある限局した障害があるというのが特徴です。

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:
軽度発達障害の病院と治療
軽度発達障害は病院で治療します。軽度発達障害を病院で治療する場合は 薬物療法やTEACCHプログラム、ABA(応用行動療法)、音楽療法、 アニマルセラピー(乗馬療法、イルカ療法)、抱っこ療法、コロロメソッド、感覚統合療法などが ありますが、まだまだ未開拓....
URL 2010/06/05(Sat)09:10:34

スポンサードリンク

最新CM

ブログ内検索

Copyright © 発達障害の症状と特徴 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]