忍者ブログ

発達障害の症状と特徴

発達障害の症状や特徴について解説しています。対処の仕方などの参考にしてください。
HOME  >    >  [PR]  >  広汎性発達障害(自閉症)  >  広汎性発達障害の診断について
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広汎性発達障害の診断について 

広汎性発達障害の診断については、大まかに3つの領域について診ていくものと思われます。

まずは、社会的相互関係の障害があります。これは人の感情をうまく理解することができない、すでに幼いころから親と視線を合わせない、など対人交流面などの特異的な行動がみられるかどうか。

第2にコミュニケーションの問題と、言語の質的な問題が挙げられます。これは文脈を理解することができない、遠回しな比喩的な表現が理解できなかったり、冗談が通じないなどが例です。

第3に何度も同じことを繰り返す反復動作、興味や関心などの極端さなどが目立つ場合です。時には、自分がかたくなに関心を寄せているものにこだわり過ぎて、癇癪をおこしたり、物をたたいたりする行動もあります。

これら3つが広汎性発達障害によくある特徴的なもので診断のチェック項目にもなっていると思われます。あくまで大まかにですが、それと何らかの知的な障害もある場合が多いのが特徴です。

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:

スポンサードリンク

最新CM

ブログ内検索

Copyright © 発達障害の症状と特徴 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]