忍者ブログ

発達障害の症状と特徴

発達障害の症状や特徴について解説しています。対処の仕方などの参考にしてください。
HOME  >    >  [PR]  >  発達障害とは  >  発達障害の症状について
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発達障害の症状について 

発達障害の症状は、本当に個人差があってどれが当てはまるかは人によって違うと思います。例えば言語の障害などに関しては、比較的早くわかるということになっていますが他の発達障害の症状については、4歳から小学校などの行き始めてからわかるようになってくるといわれています。

具体的に発達障害の症状で言えば、多動になってとにかく学校の授業を静かに椅子に座って受けることができない、注意が散漫で一つのことにしか注意がいかない、ちょっとした事が気になり衝動的に感情を出してしまう、などといったことが基本的によくあるといわれている、発達障害の症状です。

分類すると
・言語の障害
・学力の遅滞
・対人関係の問題
・構音障害
・コミュニケーションの問題

などが挙げられます。

こうした発達障害の症状があると学校では問題児あつかいされることがあり、障害としてまだ知識として先生も知らないことが多いのではないかと思います。

単なる問題児として扱うのならば、問題は解決されないと思います。皆が発達障害に対しての知識を深めどうしたら良い対応ができるのか、成長を促すことができるの、いい面を伸ばすことができるのかということを考えなくてはいけないと思います。

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:

スポンサードリンク

最新CM

ブログ内検索

Copyright © 発達障害の症状と特徴 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]