忍者ブログ

発達障害の症状と特徴

発達障害の症状や特徴について解説しています。対処の仕方などの参考にしてください。
HOME  >    >  [PR]  >  発達障害関連記事  >  発達障害とADHDについて
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発達障害とADHDについて 

ADHDは発達障害の中の、注意欠陥多動性障害と呼ばれるもので、最近注目されている発達障害の一つです。

このADHDという注意欠陥多動性障害の特徴は、集中力が持続できず、興味や関心が他にどんどん移っていきます。

また、多動性の面ではじっとしていられないなどの行為が目立ちます。

学校にこのADHDの方がいると、非常に浮いた存在になりやすく、先生の手を焼くということもあるかと思います。

でもそれも障害の一部という認識がないと、誤解されてしまって社会上不利益をこうむりやすいです。落ち着きのない子供というものはどこにでもいるものですし、注意欠陥多動性障害の方の知的水準は別に他の人と変わらないために、他の人とみても障害があると認識されにくいです。

最近まであまり知識としてなかった概念ですが、最近の発達障害研究では有名なものとなりつつあります。

ただADHDは大人になると多動的な部分が改善されたりと、子供の時だけの場合もあるようです。遺伝的な原因など考えられていますが、まだはっきりと原因も分からない発達障害の一種と考えられます。

 

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:

スポンサードリンク

最新CM

ブログ内検索

Copyright © 発達障害の症状と特徴 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]